2014年05月29日

60人の力で一人の若者ホームレスを!〜会員・寄付金大募集〜

最近?コミュニティワークでは、法人が出来てはや3年
これまでの取組みの実績をまとめていったりしています。
私が先ほど投稿したのは岩見沢市での取組みですが、
札幌では「ホームレス・生活困窮者支援」などを法人ではしております。
札幌での若者ホームレスは激増?正確にいうときちんとした調査はされていないため把握しきれていませんが・・・
20代・30代の「住所がない」方々は年間500名は超えるのではと。(少なく見積もってです・・・)
背景には・・・「仕事」・「経済的困窮」はもちろん
「出所者」・「障がい」・「家族関係」など様々かなぁと。

ここからが本題です!
ホームレスになってしまった若者たちが、自立(今回は就労もしくは自立した生活)するのにどのくらいの「直接関わる時間が必要」で・・・どのくらいの「お金」がかかるのか?というのを取りまとめていったりしています。
質問ですが・・・
所持金は「5円」です。
スーツはありません。もちろん革靴も。
携帯電話はとまっています。
食事は、3日とっていません。
下着や洋服は3日分あります。
「履歴書」・「写真」はありません。
頼れる・友人・家族はおりません。
場所は・・・札幌駅です。
さて、皆さんならどうやって自立を目指しますか?

私たちのところで保護して自立に向けサポートする方はこんな方々がほとんどです。

人によっては2週間の方もいれば半年かかる方もいます。

自立には「伴走型のサポート」が必要で
「伴走型サポート」の平均時間はは約60〜70時間です。
食事代などなどを含めると、
一人の自立に30万円程度必要になります。
ただ、仮に同様の状態で生活保護を受給すると、スタート時のお金と生活費を含めると、保護費でいくと2ヵ月分かなと。
ただ、ケースワーカーさんが2ヵ月で一人に対し、60時間〜70時間はさくことは出来ないと思うので・・・自立までの時間はかなりかかるのかなと。
「費用」もそうですが「サポート時間」もひじょうに重要かなと。

そう!何をいいたいか!というと・・・
今この事業を支えていた補助金が大幅に削減され
事業が立ちなくなる可能性がでてきています!
そのため、
私たちの法人では「会員」・「寄付金」を大募集しています。
◯一口:5000円
◯「会員」・「寄付金」のお問い合わせ
市民活動プラザ星園:011−511−1315
posted by コミュニティハウス「れおん」 at 09:07| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

実は・・・

こんにちは?
お久しぶりです。
コミュニティハウス「れおん」の湯澤です。

実は・・・私たちの法人(コミュニティワーク研究実践センター)で、
岩見沢市の生活困窮者自立促進支援事業というものを
受託し、岩見沢市生活サポートセンター「りんく」という相談場所を設置し、
今日からオープンしました。


私も・・・岩見沢市へ引っ越し、
こちらの事業に携わることになりました。

これからは、りんくの湯澤です・・・という機会が多くなりかなと・・・

今までありがとうございました!だと
お別れみたいなので・・・
れおんや札幌の事業とも今後も関係はしていきますので・・・

今後とも、よろしくお願いしますが
表現としては正しいのかなと。

ちなみに今日の北海道新聞にも掲載されました。
(空知の情報欄です)

先ほども
早速ではありますが・・・新聞効果が・・・
潜在的なニーズがあるのかもしれません。

ではでは・・・
うまく表現ができないのでこの辺で・・・
posted by コミュニティハウス「れおん」 at 10:25| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

10年越しの帰宅

おはようございます。
スタッフのyuzawaです。
現在、東区のとある駐車場でこのブログを書いています。
10年越しの帰宅まで、あと7分というところでしょうか?
昨日、ブログでほんの少し紹介した方が
10年ぶりに実家に戻ることを決心されました。

実家を飛び出し、10年。
飯場を転々としながら、
大部屋での生活を送ってきたそうです。
「自分の部屋が欲しい」
「普通(家具や家電・洋服)の買物がしたい」と話されていました。
「将来を考え、仕事を探したい」

彼が路上で生活をしたのは、10年という月日を考えると
ごくわずかな期間かもしれません・・・
10年近くの間、自分の部屋やお家、住所を持たずに生きてきました。

約束の時間を、1分すぎたので
10年にはじまった、流浪の生活が
一区切りついたのかもしれません。

今回の件もそうですが、
「親子」という関係をとても考えさせられる一件でした。

家族や親子というのは、当然ですが関係性が深く
友人、知人、親戚などとは異なるものなのかなぁと。
それ故に、深い愛情や時には、心ない言葉が・・・

彼が話していたのは
「きちんとした仕事についたら実家に戻るつもりだった」

きちんと仕事につく代償としては、
本人にとってもご両親にとっても
あまりに大きな10年だったと思います。

彼は、はじめは戻りたかったように思えます。
心ない言葉と月日が戻りずらくさせたのかなぁと。

そうこう書いているうちに
約束の時間を10分すぎました。

昨日の夜は、約束の時間の10分前には車に戻ってきました。

本人にとって、ご家族にとって
長かった10年がこれで終了し、
今からは、
新しく未来に向けて希望を持てる10年が
スタートして欲しいなぁと。

現在、札幌は雨。
終わりとはじまりには
雨が丁度いいのかもしれません。

ではでは・・・。





posted by コミュニティハウス「れおん」 at 11:30| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。