2015年05月24日

出てきた課題

こんにちは。
スタッフのyuzawaです。
昨日は、れおんの代表sawatariに突然れおんに呼び出されるというハプニングがありましたが・・・
今週もれおんのブログを更新できて良かったです。

前にも紹介しましたが、
札幌市では、
家のある生活困窮者支援をステップで
家のない、失った生活困窮者の支援をジョイン(札幌市ホームレス相談支援センター)で
自立に向けたお手伝いをしています。
ジョインは、5つの団体で構成されており
相談の中心センターとなる
基幹センターを札幌一時生活支援協議会が受託し、
4つのシェルターを、
ベトサダみんなの広場・北海道ホームレスネットワーク・
コミュニティハウス「れおん」で運営しています。

ジョインは、生活困窮者自立支援法という法律に基づき設置されており
生活保護受給中の方・すでに申請している方は対象外となります。

実際に事業を実施していると、
生活保護受給中の方が家を失いかけていたり
ご飯を数日食べれない状態であったりという
ご相談をうけることもあったりします。

なんといいますか・・・
生活保護につながれば、後はケースワーカーが何とかしてくれる。
それで済む方もたくさんいらっしゃると思いますが・・・。
それでは済まない方もまた、結構いるのではないかなぁと。

再び困った人への支援をどうするのかの議論も大切ですが
生活保護を受けいている方が再び困窮しないためにはどうすればいいのか?

ケースワーカーを増やす?
保護費を上げる?
「制度」や「役所」任せの考えの先には
答えはないのかなぁと。

ある日と突然、苦しい状況になるわけではないので
その過程で補足できると本当はいいんだろうなぁと。
孤立している方も多いので、
極限に厳しい状況になりはじめて顕在化します。

居場所がいいのか、個人サポーターがいいのかは何ともいえませんが
孤立せず、過程で補足できる体制が大切であることと
それを伝えるケースワーカーさんが
伝えやすい、進めやすいものがいいんだろうなぁと。

ちなみに、れおんのスタッフの
◯◯しろ先生には、
時にはれおんのスタッフ
そして時には
「フリーソーシャルワーカー」になるようお伝えしました。

「フリー」いう、この都合のいい言葉が
「今から起こる」困難な局面を打開してくれるハズです。

ではでは・・・長くなったので・・・







posted by コミュニティハウス「れおん」 at 12:58| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。