2013年09月16日

10年越しの帰宅

おはようございます。
スタッフのyuzawaです。
現在、東区のとある駐車場でこのブログを書いています。
10年越しの帰宅まで、あと7分というところでしょうか?
昨日、ブログでほんの少し紹介した方が
10年ぶりに実家に戻ることを決心されました。

実家を飛び出し、10年。
飯場を転々としながら、
大部屋での生活を送ってきたそうです。
「自分の部屋が欲しい」
「普通(家具や家電・洋服)の買物がしたい」と話されていました。
「将来を考え、仕事を探したい」

彼が路上で生活をしたのは、10年という月日を考えると
ごくわずかな期間かもしれません・・・
10年近くの間、自分の部屋やお家、住所を持たずに生きてきました。

約束の時間を、1分すぎたので
10年にはじまった、流浪の生活が
一区切りついたのかもしれません。

今回の件もそうですが、
「親子」という関係をとても考えさせられる一件でした。

家族や親子というのは、当然ですが関係性が深く
友人、知人、親戚などとは異なるものなのかなぁと。
それ故に、深い愛情や時には、心ない言葉が・・・

彼が話していたのは
「きちんとした仕事についたら実家に戻るつもりだった」

きちんと仕事につく代償としては、
本人にとってもご両親にとっても
あまりに大きな10年だったと思います。

彼は、はじめは戻りたかったように思えます。
心ない言葉と月日が戻りずらくさせたのかなぁと。

そうこう書いているうちに
約束の時間を10分すぎました。

昨日の夜は、約束の時間の10分前には車に戻ってきました。

本人にとって、ご家族にとって
長かった10年がこれで終了し、
今からは、
新しく未来に向けて希望を持てる10年が
スタートして欲しいなぁと。

現在、札幌は雨。
終わりとはじまりには
雨が丁度いいのかもしれません。

ではでは・・・。





posted by コミュニティハウス「れおん」 at 11:30| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。